造り付け家具

住宅にテレビ台やクローゼット、食器棚に本棚と欠かせない家具はたくさんあります。新築住宅や住宅をリフォームする際にこれらの家具をオーダーメイドで作ってもらうという家庭も多いです。オーダーメイドで作りこんだ家具のことを造り付け家具と言います。

造り付け家具には魅力がたくさんあります。まず、建物の空間に合わせて特注するためその場所にぴったりのサイズの家具を手に入れることができるのです。空間にぴったりのサイズの家具を取り入れることで、室内にまとまりが生まれますし、空間をスッキリと見せてくれるのです。
また使用する素材やその色味、デザインなど自由にできるので自分好みの家具を完成させることができます。こだわって造った家具は同じものがないことでオンリーワン家具として存在してくれ、家具への愛着を高めてくれます。

リビングのテレビ台とその壁面収納を一体化させた造り付け家具を取り入れる家庭も多いです。部分的にオープン棚に仕上げて、見せる収納でインテリア性を高めたり、好みに合わせてデザインを決めることができるのです。壁に家具を固定させた造りにするなど、突っ張り棒や金具などで固定をせずに、家具の倒壊などを防ぐことができるので耐震性にも優れているのです。

我が家の新築住宅にもキッチンに設置するカップボードを造り付けてもらいました。キッチンスペースにぴったりと収まったカップボードは、収納力に優れており、収納したものを全て扉で隠すこともできキッチンの見た目をスッキリとさせることができています。このカップボードのおかげでキッチンの居心地も高まり、造り付け家具を取り入れて良かったと思っています。造り付け家具を取り入れ、オンリーワン家具を作ってみるのもいいと思います。

Comments are closed.

This entry was posted on 土曜日, 4月 9th, 2016 at 1:31 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.